無在庫転売の概要

無在庫転売とは、手元に在庫がない状態通販サイトに商品を販売して

商品が売れた時に、初めて商品を仕入れて購入者に商品を送るという手法です。

無在庫転売は、はっきり言って物販最強の手法です。

しかしそんな最強の無在庫転売にもメリット、デメリットがあります。

今回は、そんな無在庫転売の概要やリスクなどについて解説させて頂きます。

仕入れ先はAmazon

無在庫転売の仕入先は基本的に、Amazonから仕入れをする方が多いです。

その理由は、Amazonが通販サイトの中で最も安いサイトだからです。

通販サイトは、Amazon以外にも沢山存在しています。

その為、Amazonがどれだけ安くても、Amazonを全く利用していない方も多いのです。

無在庫転売は、Amazon以外の楽天やヤフー、メルカリ、Qoo10などの別販路で

Amazonより高い値段を付けて販売し、その差額分で稼ぐという転売方法なのです。

メリット

・在庫を抱える必要がない

基本的に商品が売れてからの仕入れなので、無駄な在庫を抱える必要がない。

・キャッシュフローが良い

売れてすぐにお金が入るので、即金性が高い。

・現金の仕入れ資金ゼロからでも始められる

クレジットカードさえあれば、現金はゼロから始めても支払い期限には充分間に合う。

・スマホ1台あれば誰にでも出来る

作業は全てネットなので、スマホがあればOK。

・物販の知識は必要ない

商品はAmazonの人気商品を出品するだけなので、特別な知識は不要。

デメリット

・商品の発送遅延がある

手元に在庫がないので、すぐにお客様に商品を発送できない為

お客様の希望日に合わせた発送ができない事がある。

・クレームが多い

仕入れサイトの在庫切れが原因で

商品を仕入れる事が出来ない時がある為、

注文のキャンセルが多くなりクレームに繋がる。

・常にアカウント停止リスクがある

基本的に無在庫はどの通販サイトでも禁止されている為

無在庫転売が発覚した時点でアカウント停止処分になる。

・商品管理ツールが必須

常に仕入れ先の在庫状況を把握しないといけない為

自動で管理してくれるツールが必要になる。

無在庫転売の禁止が多い理由

無在庫転売が禁止になっている理由は

お客様からのクレームが非常に多いからです。

【買った物が全然届かない

楽天で買ったのにAmazonの箱で商品が届いた】

【出費者から在庫切れの為という理由で、一方的にキャンセルされた

無在庫転売では、↑こんなクレームがかなり殺到しました。

これには、通販サイト側もクレームの数が余りにも多すぎて対処する必要があり

クレームを押される為、無在庫での転売は原則禁止というサイトが多くなった理由です。

無在庫が発覚した時のペナルティ

ほとんどの通販サイトでは、無在庫が発覚した時、出品者側にペナルティを用意しています。

基本的にペナルティの内容はアカウント停止処分です。

これは、二度とその通販サイトで販売出来なくなる事を意味しています。

販売停止処分くらいなら、まだいい方ですが

最悪の場合、売上を凍結され、本来なら振り込まれていた予定のお金を振込んでもらえず

そのままアカウントが消される事もあります。

現状、一番ペナルティが重いのは『楽天』です。

楽天で無在庫が発覚した場合の処分は

アカウント停止】売上の凍結】【違約金300万円】

↑この3つが楽天でのペナルティの内容になっています。

まとめ

無在庫転売は、物販としては理想的な手法です。

しかし、その反面クレームやペナルティが常に起こりえる

危ない橋をひたすら渡り続ける様な手法だと思って下さい。

この記事を読まれた後でも、無在庫転売に挑戦したいという方は

今後、何が起きても全て自己責任という形で取り組む様にして下さい。

ですが、無在庫転売は

クレームが起きない様に、最新の注意を払って上手く取り組めさえすれば

かなり高い確率で確実に利益を出し続けられるので

挑戦される方は十分注意された上で取り組む様にして下さい。

せどりお役立ち情報
BAY-WAYをフォローする
BUY-WAY
タイトルとURLをコピーしました