開業届は必要?!

開業届とは?

個人事業主になると、事業から生じた利益に対しては所得税が課されます。

事業規模が大きい場合は個人事業税や消費税も納税しなければなりません。

そして税金の種類によって納付先が異なります。

開業届を出す事により、本業副業関係なく個人事業主として扱われます。

開業した日より一か月以内に最寄りの税務署に提出する必要があります。

開業届提出のメリット

本業との損益通算ができる

副業が赤字になった場合、本業の収入と通算して税金の還付が受けられます。

青色申告で65万の特別控除を受けられる

開業時に青色申告の申請も同時に行っておきましょう。

事業所得から65万の控除がうけられますのでメリットは大きいです。

赤字は3年まで繰り越せる

損金申告用申込書の提出が必要です。

今年黒字でも昨年の赤字ならばと通算する事ができます。

専従者給与を経費にできる

家族などに給与を支払っている場合、経費計上する事ができます。

屋号で銀行口座が開設できる

個人口座と事業口座を分けて管理する事ができます。

お金の流れをはっきりさせる為にも分けた方が良いですね。

開業届提出のデメリット

失業保険がもらえない可能性がある

本業の仕事を辞めた場合、失業保険の給付要件を満たさない場合があります。

開業している場合、失業状態とみなされない可能性があります。

扶養控除から外れる場合がある

社会保険で配偶者の扶養に入っている場合、年収の上限内でも外される場合があります。

加入している健康保険組合によりますので確認が必要です。

確定申告が大変?

開業届の有無に関係なく、年間の利益が20万円を超えると確定申告が必要になります。

すぐに開業届を提出して個人事業主になる必要はありません。

副業の売り上げが20万円を超えるまでは「雑所得」として申告するのもありです。

所得が増えてきてからメリットと比較して検討してもよいでしょう。

ただし、利益が多くなりそうならば、早めに届を出した方がよいですね。

本業している会社にばれる?!

開業届を出してもすぐに本業の勤務先にばれるわけではありません。

「マイナンバーの導入によりばれやすくなった」とよく言われますがあまり関係ないです。

一番の原因は、住民税の金額です。副業で20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。

しかし、住民税は納付する必要があります。何もしなければ住民税は「本業+副業」の所得で計算されます。

これにより住民税が高くなり、勤務先が不審に思う所から知られる可能性が出てきます。

対策として確定申告の際に「住民税・事業税に関する事項」で「自分で納付」を選ぶことです。

また、市区町村の窓口に納付書を自宅へ送ってもらうよう連絡しておきましょう。

開業届を出したからといって、ばれるわけではありません。

開業届の作成と提出

書類の作成と聞くと、難しそう、めんどくさそうと思われると思います。

実際はフォーマットがあるので入力するだけです。

最近はサイト上で必要項目を入力すると自動的に書類が作成できるサイトもあります。

無料で簡単に使え、同時に青色申告の申請書も作成できるのでおすすめです。

free:https://www.freee.co.jp/kaigyou/

作成できたら、後は最寄りの税務署へ提出するだけです。

提出に必要なもの

  • 開業届2部(提出分と控え分)
  • 身分証明書
  • 郵送の場合は切手を貼った返信用封筒も同封する
  • 青色申告の申請書(提出分と控え分)

届出住所の管轄する税務署へ持参して完了です。(郵送でも提出可能)

提出に行っても、受付印をもらうだけなのですぐに済みます。

思っている以上にあっさり終わりますので逆に不安になります。笑

同時に青色申告の申請書2部(提出分と控え分)も提出しておきましょう。

まとめ

受付印の押された控えをもらえば個人事業主として開業です!

開業届を出す事により、メリットは上で書いた以上に色々とあります。

例えば、政府の政策で、キャッシュレス還元事業などが良い例です。

制度を利用する場合は開業していないと利用できません。

給付金や補助金、助成金なども利用できるようになりますし融資も受けやすくなったりします。

利益の推移と将来的な事も考えながら時期を見て開業しましょう。

ただし、開業したらな初年度は少しでも良いので必ず黒字決算になるように!

開業して個人事業主になるという事は経営者になるという事です。

副業だからとかは関係ありません。

初年度から赤字だと将来的に融資を受ける場合難しくなります。

対外的に、最初から赤字だとその事業自体の計画性や継続性が疑われますし、なにより経営者として?マークが付きます。

事業としてしっかり継続させて、経営者としても結果を出して行きましょう!

せどりお役立ち情報
BAY-WAYをフォローする
BUY-WAY
タイトルとURLをコピーしました