ホームセンター仕入攻略!

店舗せどりのド定番といっても過言ではない「ホームセンター」での仕入れについて

この記事では解説していきます。

ホームセンターの概要

ホームセンターとは、DIY関連(木材、建材、工具類)や、カー用品、家具、家電、日用品

生活雑貨、衣類、ペット用品、レジャー用品・・・・・

もう書ききれないほどのジャンルを取り扱っています。

ホームセンターに行けば、手に入らないものはないっていうのが魅力ですよね。

店舗当たりの規模も大きくて、商品点数も膨大です。

ホームセンター店舗一覧

全国展開している店舗や、地方特化型のローカル店舗まで

日本全国さまざまなホームセンターがあります。

ちょっとホームセンターの売上ランキングを見ていきましょう。

1位. DCMグループ

カーマ、ダイキ、ホーマックなどを全国に約600店舗以上展開する大手ホームセンターです。

2位. コメリ

こちらも全国に約1000店舗以上も展開している大手ホームセンターです。

それぞれ取り扱いジャンルの異なる「ハードアンドグリーン(H&G)」「パワー」

「アテーナ」「PRO」があります。

3位. カインズ

カインズは全国28都道府県で228店舗(2020.3現在)展開しています。

4位. コーナン

5位. ナフコ

6位. ビバホーム

7位. 島忠・ホームズ

8位. ムサシ

9位. 東急ハンズ

10位. ロイヤル

以上が売上ランキング1~10位までとなっています。

このようにホームセンターって日本全国にたくさんの店舗があるんです。

ホームセンターのメリット・デメリット

つづいては、ホームセンター仕入れのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

まずはメリットについてですが、先ほど少し説明した通り店舗数がかなり多いんです。

店舗数が多いということは、それだけ仕入れがしやすいということです。

日本全国どこでも仕入れが可能なんですよ。

他には、大量仕入れなんかも出来ちゃいます。

ほとんどのホームセンターは店舗面積が広くて、大量に在庫を抱えている可能性が高いです。

利益商品を見つけたら、簡単に縦積みすることも出来るかもしれませんね。

デメリット

デメリットについても、少しお教えしておきます。

まずは、ホームセンターならではのデメリットである「商品数の多さ」ですね。

本来は商品数の多さがホームセンターの魅力なんですが、我々せどらーからすれば

逆に見るものが多すぎてデメリットになってしまうんです。

全頭リサーチなんて、絶対しないでくださいね(笑) 疲れてしまうので(笑)

ホームセンターの中には、ローカルな店舗ばかりではなく全国チェーンの店舗があります。

その全国チェーンの店舗では、セールが同時に行われます。

なので、そのセールで見つけた利益商品はライバルが多く、値下がりリスクが高くなります。

リサーチするときモノレートのユーザー数は必ず確認しましょうね!

リサーチするポイント

では、具体的にリサーチするときのポイントについて解説していきます。

在庫処分品の見分け方

「在庫処分品」は店舗せどりでは、共通しているポイントのひとつですよね。

もっとも簡単に在庫処分品を見分ける方法はワゴンコーナーを見つけることです。

通常棚の中にも処分品は置いてあって、棚の最上段もしくは下段で見かけることが多いですね。

狙い目ジャンル

ホームセンターって前述しましたが、商品ジャンルが豊富なんです。

ですから狙い目なジャンルも、けっこう多いです。

以下にまとめてみます。

  • 家電
  • ヘルビ
  • ペット用品
  • カー用品
  • 工具類
  • 電球

まだまだありますが、ホームセンターせどりをするなら

最低限このあたりのジャンルをリサーチしておけば十分ですね。

季節商品の考え方

どのホームセンターでも、季節商品は必ず置いています。

季節商品は、その季節中に売り切りたいのでよく割引されています。

もしシーズンが終わりかけだったとしても、アマゾンなら日本全国にお客さんがいるので

多少時期がズレても、あまり関係ない印象です。

もちろんモノレートの売れ行き、必ず確認しましょうね。

“見ない”ポイント

店舗の滞在時間を短くするために、スルーするべきポイントも

一緒に押さえておきましょうね。

プライベートブランド(PB)

大手ホームセンターなんかでは、自社ブランドの商品を取り扱っている場合があります。

いわゆる「プライベートブランド(PB)」というやつです。

この商品は、よく割引されていてリサーチしているときに

よく見かけるんですが、ほとんどアマゾンにカタログが存在しないので

リサーチしなくても良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホームセンターって全国にあって、商品の種類もたくさんあるので

この記事で学んだことを、おさらいする意味でも

ぜひ仕入れに行ってみてくださいね。

一度店舗に行ってしまえば、その店舗の一押しの商品や処分品が置かれている場所等の

特徴を知ることが出来るので、どんどんホームセンターの仕入先リストを

構築していってください。

タイトルとURLをコピーしました