中古家電攻略【仕入れ後のあれこれ】

今回の記事では、商品を仕入れた後に待っている工程についてまとめています。

商品を仕入れたら、出品するまでにやらなければならない次の4つのステップがあります。

  • コンディション選定
  • 写真撮影
  • 説明文記載
  • 梱包

では、これから順番に説明していきますね!

コンディションの選定

中古せどりを行ううえで、必要不可欠なスキルといえば

コンディションの選定なんですが・・・

このスキルが正しく身につくと状態抜きが出来るようになり

さらにワンランク上の仕入れが可能になります。

では、コンディション選定について解説していきます。

アマゾンにはコンディションガイドラインという規約があります。

アマゾンで販売するためには、この規約を遵守する必要があるんです。

商品カテゴリによって各コンディションの内容が変わってきますので

ここでは中古家電に限定して説明していきますね。

アマゾンで商品を出品する際には5種類のコンディションから

その商品に応じたコンディションを選んで出品します。

  • 新品
  • 中古 ほぼ新品
  • 中古 非常に良い
  • 中古 良い
  • 中古 可

詳しく解説していきますね。

新品

新品で出品する場合には、当然未使用/未開封のままでなければなりません。

そして本記事では中古家電に絞って解説しているので、省略しますね。

中古 ほぼ新品

ほぼ新品で出品する場合、未使用もしくは使用頻度が

数回程度でなければなりません。

わずかな小キズ等もないことが望ましいです。

付属品についても、完品でなければなりません。

外箱にダメージがある場合は、本体が明らかに未使用品であれば

このコンディションでも出品することは可能です。

中古 非常に良い

非常に良いで出品する場合、本体に目立つキズなどはNGです。

使用に伴う擦れや小キズなどはさほど問題ありません。

付属品については、一部の欠品のみであれば大丈夫です。

具体的には使用するにあたって支障のないものの欠品であれば

非常に良いで出品することが出来ます。

中古 良い

良いで出品する場合、使用感やキズなどが目で見てわかる状態などが当てはまります。

全体的に小キズなどがあったとしても、こちらのコンディションで出品することが出来ます。

付属品については、動作に支障が無いことが条件ではありますが、一部のパーツが

「交換されている」または「純正でない」場合でも可となります。

中古 可

可で出品する場合は、破損や動作不良が無ければ基本的に劣化があってもかまいません。

付属品については、一部制限があったとしても大丈夫です。

具体例をあげると、テレビなどを出品したい場合にリモコンが欠品していたとしても

可であれば出品することが出来ます。

こんな感じで各コンディションについてまとめてみましたが

上の内容は、あくまでアマゾン規約上での 

評価数が少ないうちは、一個下のコンディションで出品することを心がけておくと

購入者から良い評価をもらいやすいのでオススメですよ。

検品方法

中古で仕入れた商品は必ず検品をしなければなりません。

そのやり方を解説していきます。

検品といっても、ほとんどの店舗では動作チェックはすでに実施しています。

ですので僕たちせどらーは簡単な通電確認と清掃を行えばOKです。

通電確認とは、電源のON/OFFが正常にできるかの確認のことです。

清掃では、商品に付着した手アカやホコリ、テープはがし跡などを取り除きます。

使う道具としては「布」「アルコール」「シール剥がし」「綿棒」などが代表的です。

上の道具があれば、基本的にはOKです。

※清掃の少々はこちらをご覧ください

説明文の書き方

中古商品を売れやすくする工夫のひとつである説明文は、出品した商品のPRになるので

しっかり丁寧に書き込んでおくことを強くおすすめします。

ポイントは以下の3つです。

商品の細かな状態を記載する(欠点があれば記載する)
→「使用感の無い良品ですが、わずかに”小傷”があります」

付属品の有無を記載する
→「付属品は本体、電源コード、説明書です」

しっかり動作するかどうかを記載する
→「動作確認実施しております」

具体的に上のポイントをつなげるとこのような文章になります。

「状態は使用感も無く良品ですが、わずかに小傷があります。付属品につきましては、本体、電源コード及び説明書になります。動作確認、清掃実施しております。」

と、このような文章になります。

これくらい丁寧に書いておくと、中古商品でもかなり売れやすくなってくるので

後述する商品写真とあわせて、出品時に必ず添付してください。

写真の撮り方

商品写真は、もうひとつの売れやすくする工夫です。

中古商品の売れ行きに、商品写真もとても重要ですし撮り方にもこだわることで、さらに変わります。

Amazonで中古商品を出品する際には、写真を最大6枚添付できるんですが

これは必ず6枚添付するようにしてください。

ですので6枚分の撮り方を細かく解説していきます。

ちなみに背景は「」で統一してくださいね。

まずはメインとなる写真を1枚パシャリ

次に1枚目と正反対のアングルから

付属品などがあれば、その写真も撮ってあげてください。

残りの枚数も商品をさまざまなアングルから撮ると良いです。

細かなパーツを展開した写真などもあると購入者からもわかりやすいです。

内部の細かな状態なども撮影しておくと良いです。

以上の内容を参考にすれば6枚添付することができますね。

とにかく他の出品者と差別化するためにも6枚は必ず撮影しましょう!

梱包方法

検品が済んで写真撮影も完了したら、最後に商品を梱包します。

中古家電を梱包する際に、その商品が箱無しの場合はプチプチで梱包するのがベストです。

商品が購入者に届くまでになるべくダメージを与えないためにしっかりと梱包してください。

実際に梱包をした商品の写真を参考にしてみてください。

角が出ていてプチプチを破ってしまいそうな商品などは、その部分をOPPテープで補強してあげればOKです。

以上で出荷準備は完了となり、最後に商品ラベルを貼り付ければ納品することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

中古家電って、とても手間がかかって面倒だと思っていた人もいるかと思います。

ぶっちゃけ、そこまで面倒で複雑な作業はまったく無いですよね?

やること自体はすごくシンプルで簡単なんですよ。

中古家電は、とても魅力的な商品がたくさんあって、その中には「高利益!」「高回転!」

な商品も山ほどあるジャンルなので、この記事を活用して下さい。

どんどんリサーチ×仕入れ×検品をこなして、売上を伸ばしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました