本仕入【児童書編】

本せどりと言うとコミックや文庫本が定番ですが、ライバルも多くなかなか利益の取れるセットに出会えない事が多いですよね。

ライバルが比較的少なく、利益が取れて回転の早い商品のあるジャンルの【児童書】について解説したいと思います。

メリット

児童書と言うと定番の童話などをイメージしますが、児童書コーナーには文学書や映画化した本などが無数にあります。

例えば、漫画で学べる学習本歴史の本などは根強い人気があります。

自分が小さい時にプレゼントされた方も多いのではないでしょうか?

児童書のメリット

①ライバルが少ない

②利益の高い商品が多い

③商品数がコミックと比較して少ないので覚え易い

等があります。ですが、BookOFF=コミック本のイメージが強く

これらの商品はスルーされがちなのです・・・

児童書ジャンルはライバルがかなり少ないのでかなりオススメです。

*最近はアミの人気で児童書をリサーチされる方も増えて来ましたが、まだまだチャンスです。

デメリット

当然メリットがあれば、デメリットもあります。

児童書のデメリット

①状態が悪いものが多い

⇒子供が扱う本の為、本の状態(折れ・破れ・シミ・カバー無し)が悪いものが多い

②人気のある商品は仕入れ単価が高い

⇒コミックプロパー300円~500円に対して児童書プロパー300円~1000円

③シリーズものの知識が必要

⇒シリーズものでセット販売しないと売れないものや、セットで高値になるものなどがある

④セット販売が少ない

⇒シリーズ物は揃えてセットにする必要がある

上記のようなデメリットがありますね。

児童書仕入のポイント

  • 商品を仕入れる前に店舗でしっかりと状態を確認する
  • 仕入単価が高い場合がある為、割引きクーポン割引セール児童書の割引セール児童書のワゴン販売を利用する
  • Amazonの商品検索を利用する⇒児童書と入力するとセット商品のカタログが出てくるので・各商品名やカタログ名をリスト化する

3つ目が一番重要で、通常のコミックのセットと違い、児童書は【〇-〇巻】ではなく「〇〇〇〇の△△△△」など異なる商品名でシリーズになっている物が多いからです。

ちょっとしたコツが必要ですが、ポイントを抑えるだけで、ライバルと差が付き、比較的に販売し易いジャンルなのでやらない手はありません。

ポイントを復習して、まずは店舗に行って実際にリサーチしてみましょう。

利益商品例

リサーチのポイントは先ほども記載しましたが 文学書や映画化した商品漫画で学習シリーズを優先的にリサーチしてみましょう。

参考までに実際に商品例を上げさせていただきます。

21世紀少年少女日本文学館

こちらは文学書系の商品になります。日本文学の20冊セットになるのですが、1セットで1万円近くの利益をとる事ができます。

現在は日本文学より世界文学の方が高利益になってます。

この商品は上記にあげた、それぞれ商品名が異なる本のセット商品になります。

例) 1巻が【たけくらべ】 2巻【坊ちゃん】

仕入価格・・・13,536円

販売価格・・・27,800円

利益・・・・・8,821円

ヒックとドラゴン

こちらは映画公開された商品になります。こちらは同じタイトルで巻が分かれている商品です。

1~11巻・12上下巻・外伝の14冊セット商品(別冊も有)になります。

また、付属品(11巻・外伝にカードが付属しています)がある商品なので付属品のありなしで販売価格が変化します。

付属品の有りなしはAmazonのカタログで他の出品者の商品をリサーチするか、Googleなどで【商品名 付属品】で検索する事でリサーチできます。

カード付属は稀少なので見つけたら、コンデイション非常に良いで出品すれば、上記の利益金額に2,000円近く上乗せさせる事ができます。

この他にも【ダレン・シャン】や【ハリーポッター】などの商品もあります。

仕入価格・・・1,920円

販売価格・・・5,980円

利益・・・・・2,624円

商品解説

こちらもテレビで放送された商品になります。

こちらの商品で一緒に商品の価格・回転も確認してみましょう。

こちらは【ルドルフの本】で商品検索してみましょう。

  • ①ルドルフとイッパイアッテナ
  • ②ルドルフといくねこ くるねこ
  • ③ルドルフとともだちひとりだち
  • ④ルドルフとスノーホワイト

上記4冊のセット商品です。

こちらの商品も名前の違う4冊でセットになる商品です。

①・②の商品はよく見かける本で100~200円くらいで仕入れる事ができます。

③・④は①・②ほど見かけない商品です。

500~1,000円くらいで仕入れる事ができます。

こちらの商品は現在、Amazonが新品販売している為、販売困難に思われますが中古も3,000~4,500円程度で販売されています。

4冊で1,500円前後で仕入れる事ができれば、販売価格4,000円前後で1,000円弱の利益が取れます。

最後に

児童書について、解説しました。

1冊だけの児童書でも利益が出る本も沢山あります。

単価が高めの児童書は高値で売れる可能性も高まります。

販売する際、児童書はお子様用に購入される方が多い為、商品説明に詳細なコンデイションを記入し商品の写真を掲載が重要です。

写真をしっかり掲載する事で商品が倍に近いスピードで売れていきます。

また、価格が高くてもコンデイションが良い商品から売れていく傾向があります。

  • 店舗で破れがないか?
  • カバーは付いているか?
  • 落書きはないか?

レジへ持って行く前にしっかり確認してから仕入るようにして下さい。

上記でご紹介した商品以外にも利益が取れるタイトルはまだまだ無数にあります。

児童書のジャンルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

本せどりノウハウ
BAY-WAYをフォローする
BUY-WAY
タイトルとURLをコピーしました