バースデイ仕入攻略!

バースデイってご存じですか?

今回は店舗せどりの穴場スポット「バースデイ」について

仕入れの攻略方法を解説していきます。

まずはじめに店舗の詳細について説明しておきます。

バースデイとは?

バースデイとはしまむらグループのひとつで

メインに取り扱っている商品はベビー用品や子ども服などです。

2020年4月現在、日本全国に約280店舗ほど展開しています。

店舗検索

決算月は2月となっており、この期間の前後はセール品が多く

とても仕入れがしやすいですので覚えておきましょう。

またネット上でチラシを見ることもできるので

仕入れに行く際には前もってリサーチしておくことをおすすめします。

チラシ情報

利益商品が見つかっている状態で仕入れにいけば

ボウズも回避できるし、短時間でサクッと仕入れもできるので効率的です。

つづいては、店舗でリサーチするポイントをお教えしていきますが

この記事を読んでいる人の中には

「ベビー用品や子供服のお店で、一体何を仕入れたら良いの?」

っていう人がいるかと思うんですけど

大丈夫です!これからくわしくお教えしていきます。

リサーチポイント

ここからは実際に仕入れに行ったときにリサーチするポイントの解説です。

バースデイは、子ども服ばかりを置いている店舗ではありませんよ。

子どもに関連した商品なら、ある程度はそろっています。

ということは、我々せどらーが狙っていくジャンルは

もうお気づきかと思いますが・・・

おもちゃ

そうです!

おもちゃなんですよー!!!

店舗せどらーにあまり知られていないバースデイなら

定番人気シリーズのあのおもちゃも

プレミアになっているあのおもちゃだって

見つけられることがあるんですよ。

ベビー用品

その他には、ベビー用品なども狙っていきたいジャンルですね。

こちらもセールになると、かなりの確率で利益商品が見つけられます。

チラシ情報などは定期的にチェックしておきましょう!

さっそく、どういった場所をリサーチしていくのか説明します。

ワゴンコーナー

もうこれは店舗せどりの定番スポットですね。

例にもれず、バースデイでもワゴンコーナーは設置されています。

だいたいは店舗入り口周辺に設置されていることが多いです。

このワゴンの中には、おもちゃ以外の商品も紛れ込んでいますが

とりあえずスルーしてOKですよ。

もちろんワゴンコーナー以外にも見るべき場所があって

通常棚からも見つけることが出来ます。

通常棚からリサーチする場合は、ズバリ「値札」をチェックしましょう!

値札の見分け方

バースデイの値札には、いくつか種類があるのですが

ここで紹介する値札は3つだけです。

  • 値下1
  • 値下2
  • 値下3

最低限この3つを押さえておけば、仕入れが可能です。

値下1

値下2

値下3

この値札は、バースデイ独自の割引値札なんですが

値下1→2→3と数字が大きくなるにつれて商品の状態が悪くなります。

そのかわり数字が大きくなるにつれて割引率も高くなるんです。

値下3にいたっては、とくに破損品などが多く見受けられるため

この値札(値下3)を見つけた際に状態が良い商品だったら、ラッキーですね(笑)

ですので、メインでリサーチしていくのは「値下1」「値下2」の2つで良いでしょう。

この中から、値引額の大きな商品を優先してリサーチしてみてください。

店舗独自のセール

バースデイには、店舗独自のセールを開催している店舗もあります。

このセールをうまく利用すれば、ライバルとの価格競争に巻き込まれるリスクも低くなり

仕入れた商品を安全に売りぬくことが出来るため、ぜひ活用していきましょう!

商品の取り寄せ

実は、しまむらグループすべてにおいて共通していることなんですが

商品管理に会社独自の管理番号が割り振られているので

他店の在庫確認やその他店在庫商品の取り寄せも可能なんです。

これはあまり知られていませんが、利益商品が見つかれば積極的に取り寄せを行って

商品の縦積みをしていきましょう!

ポイントカード

バースデイの店舗では、ポイントカードを利用することができます。

年会費も無料ですし、作っておいて損はしないので

仕入れのついでに発行しておきましょう。

ポイントは200円につき1ポイント付与されて、500ポイント貯まれば

500円分のお買い物券がもらえます。

まとめ

今回はバースデイのせどり攻略法について解説しました。

いかがだったでしょうか?

リサーチのポイントさえ押さえてしまえば、とても簡単に仕入れができる店舗です。

全国に沢山店舗があるのも有利な点ですね。

サクッとマスターして得意な仕入れ先にしてしまいましょうね!

タイトルとURLをコピーしました