Amazon真贋調査の概要!

Amazonせどらーの中で最も恐れられている事

それは、Amazonの真贋調査です!

真贋調査とは、簡単に言うと

出品した商品が本物かどうかを確認する調査」という物です。

出品した全ての商品が対象ではなく、出品中のSKU3つを対象に偽物出品してないですか?

という感じでAmazonから、調査しますというメールが突然送くられてきます。

この真贋調査が来た場合、慎重に対応しないと最悪の場合アカウントが停止され

あなたは、二度とAmazonでの販売ができなくなってしまいす。怖すぎですよね(汗)

しかし、真贋調査は

予防策を知っておくと、自ら真贋調査の落とし穴に飛び込む様な事は避けられるので

そちらを解説していきます。

真贋調査が来る理由

真贋調査が来る理由としては以下の3つが考えられます。

・購入者からの通報

・ランダムピックアップ

・メーカーからの調査依頼・苦情

購入者からの通報

商品を購入した人がAmazonに偽物が届きましたと通報する。

これに関しては、普通の店舗や通販で仕入れた物なら、まず来ないと思われます。

しかし、海外輸入やマイナーな通販サイトから仕入れた物に関しては

クレームの可能性があるので注意が必要です。

中古のDVDフィギュアなどは海賊版がリサイクルショップなどにも出回っている事があり

こちらも注意が必要です。

ランダムピックアップ

Amazonがランダムに調査する。主に初心者が狙われやすいと言われている。

ランダムピックアップは、Amazonが定期的に行っている事なので、対策はできません。

主にアカウントを作りたての初心者が狙われやすい為

真贋調査が来た時には、Amazonから要求される書類を提出する様にして下さい。

メーカーからの調査依頼・苦情

商品のメーカーがAmazonに通報する。

メーカーからすれば、自分たちの商品を許可も取らず勝手に販売されている為

Amazonに通報して排除しようとしてきます。

これは、真贋調査が来やすいメーカーがあるので、下記でご紹介します。

そのメーカーを出品しなければ

メーカーからの真贋調査リスクを抑える事ができるので覚えて下さい。

真贋調査で要求される書類

・商品を購入した時のレシート

・請求書(領収書)

・謝罪文と改善対策書

↑真贋調査で有名な提出書類は、この3つです。

メルカリやヤフオクなどのフリマサイトでは

基本的にレシートも請求書も発行して貰えないので、フリマ仕入はしない様にして下さい。

古物商でも違反行為なので、フリマ仕入は最悪の場合、逮捕されるレベルです。

真贋調査、危険なメーカー

危険度(小)

【比較的真贋調査の少ないメーカー】

・中古商品

・パナソニック

・シャープ

・SONY

・山善

・アイリスオオヤマ

・フィリップス

・CANON

・EPSON

・brother

・CASIO

危険度(中)

【過去に複数人真贋調査の事例があるメーカー】

・バンダイ

・タカラトミー

・任天堂

・バッファロー

・タイガー

・JBL

・Bose

・マイクロソフト

危険度(大)

【真贋調査の可能性が非常に高いメーカー】

・ラッシュアディクト

・サイバーガジェット

・ウッディプッティ

・ヤーマン

・Apple(アップル)

・無印良品

・京セラ

・初めて聞く様な超マイナーメーカー

・Amazonセール商品、割引クーポン対象商品

この他にも真贋調査の可能性がある商品はまだまだ存在します。

ブログの情報が全てではないので

TwitterなどのSNSで日々真贋調査情報を見る様な習慣を作りましょう!

まとめ

Amazonで商品を販売する以上、真贋調査には常に気を付けないといけません。

もし真贋調査が来てしまった時は、商品を仕入れた場所に連絡を取り

Amazonから期間内に提出を要求された書類を集め、対応しましょう。

真贋調査は来た時は大変ですが、これを乗り越えられたらAmazonにも

不備のない真っ当なアカウントだという証明にもなり

今後のせどりがやりやすくなるので、焦らずに対応していきましょう。

Amazonを利用しよう!
BAY-WAYをフォローする
BUY-WAY
タイトルとURLをコピーしました